カズ・モーターサイクル

ENGINE

オーバーホール中の1994年生まれのMONSTER 900
目立って悪い部分は無くコンディションは良好でしたが、それでも経年劣化するガスケットやゴム類は傷んでいます。

DUCATIに限らず全てのバイクと言う乗り物に共通して言えると思いますが、本来の性能をどれだけ上手く引き出せるか?
が愛車と上手く楽しくそして安全に楽しむ為のポイントと思います。
基準となるベースに問題=著しい劣化や機能不足などがある場合、何のパーツを装着してもその効果を楽しむどころか、返って逆効果で悪い部分ばかり余計に目立ってしまう事になり兼ねません。

本来のコンディションをキチンと整えて上げれば、見違えるぐらいに蘇り元気に走ってくれます。

IMG_0263.JPG
IMG_0271.JPG
DSC_1358.JPG
IMG_0268.JPG
IMG_0274hcjcg.JPG