カズ・モーターサイクル

1098s

夏季休暇明けも沢山のご来店と整備ご用命を頂戴いたしておりまして、沢山のドカに囲まれスタートです。
バタバタの日々ですが、確実で丁寧な作業を心がけて仕上げておりますので、大切な愛車をお預け頂いております皆様、楽しみにお待ちくださいませ。

ご新規の1098sさんは水温上昇が止まらず、電動ファンが回りっぱなしでご入庫。
診断の結果はラジエター内部で水が流れていない事が分かりました。

DSC_0647.JPG
水路にはこのような物質が。。。
ドロドロっぽく見えますが、触ってみると固まっています。
原因はコレで水路を塞いでいたという事になりますね。
念のため分解できる所までこの固形物は削り落とし、サーモスタッドの開閉もチェックして完了。

ラジエターは新品に交換、当たり前の話ですが新品のラジエターはよく冷えます。
今日の様な外気温が33℃もある状況下で一般道を走行していても水温は75℃~80℃くらいをキープしていましたから、優秀ですね。
因みにアイドリング時の状態で、メーターパネルの表示が103℃でファンが回り、95℃まで下がります。

DSC_0650.JPG
その他、オイル漏れの修理、タイミングベルトとレギュレーター交換、エンジンストールが激しかったのでこちらは燃調合わせ。
最後に各センサーの作動確認、エラー消去、各センサーのリセット、水温の確認、ラジエターファンの作動確認をして完了です。

DSC_0653.JPG