カズ・モーターサイクル

1098s

ご新規のお客様1098s定期点検のご用命を受けました。
有難う御座います。
ご来店時にお客様からの問診、実際の点検結果と照らし合わせ、車両の状態とご説明、お見積り、今後の整備のご提案をいたします。
こういった作業を行う事で、故障を未然に防げたりもいたします。
カバーで覆われるエンジン周りはなかなかチェックし辛い部分ですので、点検時は隅々まで確認します。

DSC_1866.JPG
ブレーキパッドは目視で未だ残量はあるからOKではなく、一度取り外して古いグリスを拭き取りブレーキパッド・キャリパーを掃除して組み直します。

DSC_1863.JPG
この様にキャリパーのピストンが出ている状態でグリスを付けても、結局はキャリパーピストンのダストシールではみ出してしまうので意味はないのでは?
はみ出たグリスにブレーキダストが堆積するとキャリパーの動きを阻害してしまうかと。
ピストンを取り出し新しいシールを組み付け際には、ピストンに薄くグリスは付けますがこのキャリパーは非分解ですのでピストンを押し戻したり位で良いかと思います。
私個人の意見ですが、正解は知りません。。。

DSC_1864.JPG
クラッチコントロールロッドからのオイル漏れがあり、クランクケースまで垂れていたので、oリング2個交換して完了。
この辺りは消耗品ですので定期的に交換したい部品です。

DSC_1870.JPG
最後にサービスランプとエラーの消去、各センサーのリセット、電装系のチェックをして完成です。

DSC_1872.JPG