カズ・モーターサイクル

復活

MONSTER1100はクラッチ滑りでクラッチ板の交換。
エンジンのPowerを最初に受け止めるのがクラッチの役割なのは皆さまご存知のとおり、それがダメだとスリッパークラッチの魅力も半減どころか、前に進みません。
時々症状が出るくらいだから急がなくても大丈夫かな?と思われたそうですが、実は症状はドンドン悪化しています。
と言う事でこの様な事にならない様、不具合らしき症状を少しでも感じられたらお早めにご相談下さい。

DSC_1057.JPGDSC_1058.JPG
スポクラ GT1000はオイル漏れの修理のご依頼。

DSC_1064.JPG
経年劣化でゴムが堅くなった事で、このオイルシールから漏れていました。
プーリーのロックナットも同時に交換します。

DSC_1066.JPG
シールの劣化で、よくOIL漏れを見かける4バルブのヘッドカバーガスケット程でないにせよ、そろそろ経年劣化の度合いがひどくなっている車両が多い様です。
ベルトカバーを開けてチェックすればお時間もかからずにチェック出来ますので、気になる方はお気軽にご相談下さい。

DSC_1071.JPG