カズ・モーターサイクル

999s

定期的に点検・整備の御依頼を頂いているお客様から車検整備の御依頼。いつも有難うございます。
モデル的には最後ですね。まだまだこの先も乗り続けると言う事で経年で劣化した部分を補うのと予防整備を。
先ずはFフォークのお手入れから始めます。

DSC_024800.JPG
ダストの多かったブレーキキャリパーは洗浄。
ダストが溜まると異音の原因やスライド部の動きを阻害する事になります。
車検・点検の時は洗っています。洗浄は全ての基本ですよね。

DSC_025200.JPG
リアサスのオーリンズはオーバーホールへ。

DSC_024600.JPG
その間、可動部のメンテはと言うと、、、結構酷い状態でした。
サスの動きが悪いが為にサスを交換やオーバーホールをするのも一つの手ですが、その前に着いている部品が機能しないといけません。
サスペンションリンクは錆や汚れで動きが渋々でした。
何度か書いていますが、出来上がったサスをそのままは取りつけはしません。
こんな作業でもきっと動きが良くなるはずですからね。

DSC_024144.JPG
まだ続きます。