カズ・モーターサイクル

SS900ie

SS900ieのアクセルのツキが悪いとの事で他県から整備のご依頼を請けました。
遠いところ、有難う御座います。
エンジンの掛かりも悪く、プラグも真っ黒。
今回の根本的な原因はスロットルボディーにありましたので、先ずは取り外しから。

0001.JPG
旧型インジェクション車には旧型テスターの方が使いやすい?ので久々にマテシス起動。
目に見えない各種センサー、ECUが記憶している不具合はどう見るのか?というところでこの様なテスターが登場します。

スロットルポジションセンサーは・・・なるほど、基準からいい加減外れていますね。
進角です、ココがずれていると全てが調子悪いです。

0002.JPG
さて燃調ですが、COセッテッィングはなんと70になっています。
ココの基準は0ですから、とんでもない数値が記憶されてます。
数値は勝手には変わりませんので、誰かが触ってSAVEしたのでしょう。

0003.JPG
排気ガステスターも使用しながら燃調を補正していきます。

0004.JPG
色々なセンサーを取り外して作業を行いましたので、最後にECUにエラーが残っていないか確認して完了になります。
テスターがあれば修理が出来ると言う物では無く、診断をする際の判断材料になります。
今回のような作業では各種数値を読みとり、そこから修理する訳です。

0005.JPG